福祉の仕事について

高齢者、障害のある方、子供、その他生活に困っている方々の介護・子育てをサポートする仕事です。

福祉の資格について

資格の種類は仕事の内容によって様々です。就職するために資格が必ず必要かどうかは仕事によって異なります。福祉の仕事には資格がなくても就職できる職種もあり、また福祉の仕事に就いてからも資格の取得は可能です。専門性をできるだけ身につけて福祉の現場で活躍するために、参考にしてみてください。

仕事内容 資格
介護 高齢者、障害がある方への介護  
保育 子どもの保育 保育士
相談・援助・調整 さまざまな分野での相談援助業務
(生活相談員・生活支援員)
・社会福祉士
・社会福祉主事任用資格
介護保険サービスのケアプラン策定 ・介護支援専門員
(ケアマネージャー)
精神障害者関係の相談援助 精神保健福祉士
児童福祉施設での相談や生活支援 児童指導員任用資格
心の悩みに関する相談、診断、治療 臨床心理士
保健・医療 さまざまな分野での看護 ・看護師
・准看護師
リハビリ 高齢者や障害児・者のリハビリテーション ・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・視能訓練士
・義肢装具士
栄養・調理 さまざまな分野での栄養管理・調理 ・栄養士
・管理栄養士
・調理師
運営・管理 さまざまな分野での運営・管理 ・社会福祉主事任用資格
行政の相談所の職員 福祉事務所、児童相談所、婦人相談所、 身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所 ・社会福祉主事任用資格
・査察指導員任用資格
・児童福祉司任用資格
・身体障害者福祉司任用資格
・知的障害者福祉司任用資格
・老人福祉指導主事任用資格
市区町村社会
福祉協議会の職員
福祉のあるまちづくり推進 ・社会福祉士
・社会福祉主事任用資格

資格取得の方法